call home close close

保護者の方へのサポート

忙しいお母さん・お父さんの
猫の手になるために。

子育てに完璧はありません。
ただでさえ忙している保護者の負担を減らすための「手荷物ゼロ」への取り組み。そして一緒になって対話をしながら子育てを進めていくことが、子どもにとって大切だと考えています。

そのためには、日々の対話が重要です。
保護者の方と連絡を取り合い、信頼関係を築き、協力していくことが大切であると考えています。

特に家庭との密接な連絡をすることによって保育所と家庭が共通理解を深め一緒に考え、子育てを行っていくことが必要です。

そうすることによってお子さんの24時間の
生活を見通す事ができ、発達と生活の連続性に配慮した保育が可能になります。

毎日のコミュニケーション

送り迎えの時に保育士は可能な限りその日のお子さんの様子について保護者の方とお話をし、子どもの成長を伝えていく時間を大切にしています。

「今日は苦手と言っていたお野菜が食べられたよ」
「紙コップでこーんなに高いタワーを作って遊んでいたよ」

そんなふうに、一つ一つの成長を互いに共有しながら、子どもの成長を共に見守っていきます。
また、毎日の様子を細かく連絡帳にてやりとりしています。保護者の方にも、毎日朝、夜の食事の内容、睡眠の時間、排便の有無、その他気になる事があれば記入してもらっています。相互の連携ををすることによって家庭と保育園との密接な連携をしていくことで、子どもの共通理解を深め、一緒に子育てについて考え、実践していっています。

困ったときは保育士さんに相談

こねこのーとでは、定期的に育児相談会や保護者面談をおこなっています。普段の育児で気になっていることや悩んでいることを気軽にご相談いただける場です。

相談会や面談以外でも、朝晩の送り迎え時に、生活での相談や悩みについて立ち話なんていうことも。

お子さまのらしさや成長を一緒に待ち、ともに歩んでいく存在を目指しています。

園での様子を伝える

園だより、クラスだより、給食だよりを毎月配信しています。
保護者保育参加、参観会(プール、おやつ、給食参加など)も定期的に開催しています。参観会では、保育しているところを子どもたちに保護者だと気づかれないような配慮の下、保育園での普段の姿をご覧いただけます。
その日食べた給食はお迎えの際に玄関で見られるようにしたり、写真スライドショーを登園・下園時に流して、できるだけリアルタイムに近い形で園でのお子さんの様子がわかるようにしています。

他にもこんなサポートが

ご家庭の負担を出来る限り少なくするために、手荷物ゼロへの取り組みを進めています。
例えば、
・お昼寝布団
・オムツ(処分や持ち帰りも園で対応)
・食事用エプロン(3枚分)
・手拭き
・ペーパータオル
・口拭き
・おしりふき
・ティッシュ
・食器、スプーン、箸
その他、その子にあったミルクの銘柄用意、園内での子どもの姿を撮影した写真等、お子様の成長が見れるよう取り組んでいます。

卒園親子の声を読む
call home close close
call home close close